2015年のエヴァスマホが期待通りだったのでZooperで似たスキンを作った

20151023-0

先日の話ですが、エヴァンゲリオンスマートフォンの詳細がついに発表されましたね!まさかセブン-イレブンと組んでくるとは!そしてSHARP!価格も含め驚くことは多くありますが、まぁ、ある意味期待通りの出来のものが上がってきましたね…。

20151023-1

うーんこの…。

あれですね。

今までのエヴァスマホの世界観というか、コラボ端末としての完成度から期待してしまった人も多いと思うのですが、まぁあんなプロモーションで3万人の意見を取り入れて開発しましたとか、そういうのからは、こんなもんですよね。
今回のはあれです、ただのキャラクターグッズです。これが一般なんですよ。普通なんですよ。
ええ。

それにしても、ベースとなる端末は同じAQUOS SH-M02(AQUOS Ever SH-05G)なのに、gooのスマホ g04とは4万円もの価格差があるんですよね…。

自分で作ればいいじゃない。

20151023-2

まぁ、とりあえず買わないと思うので、写真から見えた範囲のウィジェットをZooper Widgetを使って再現してみました。再現と言っても、Zooper Widgetの仕様や自分の好みでアレンジはしてあります。

あまり解説は要らないと思うので、簡単に紹介を。

日付とか時計とか

20151023-320151023-4

一番上の2つです。
特に書くこともなく。Rectで台座となる図形を描いて、その上にテキストを乗せてあるだけです。

半透明のボタン

20151023-520151023-6

下のCONFIDENTIALと書いてある部分です。
Zooperは複雑な図形は描けないので、Rectで長方形を作り、別のRectを重ねて「Drawing Mode」を「Clear」にし、削っています。

ここはとりあえずでこんな表示にしましたが、テキスト部分は何かアプリ名にしてアプリ起動ボタンにしてもいいし、音楽ウィジェットのようにしてもいいかなと思いました。一番応用がきく(使いやすい)デザインだと思います。

バッテリー

20151023-720151023-8

バッテリー部分です。ここも特に難しいことはやっていません。
配色は一番エヴァ初号機っぽいですね。

使用フォント

20151023-9

ある意味一番重要なのが使っているフォントだと思います。エヴァ(の新劇場版?)でよく使われている英数字のフォントというは「Avant Garde Gothic」らしいのですが、これは有料でそれなりにお値段するものらしいです。
ただそれによく似た「TeXGyreAdventor」というフォントがフリーであったのでそれを使っています。

カッコいいですね。

スキンファイル

今回もスキンファイルを公開します。気になる方は使ってみてください。そのままではあまりおもしろくないと思うので、いろいろアレンジしてみてください。

zooper-iconDQ-WINDOW
制作: orefolder
価格: 無料

ダウンロード

ファイルはzip圧縮されており、中身は.zwファイルです。
どうぞご利用ください。

おまけ

ちなみに、3年と少し前に出たエヴァスマホ「SH-06D NERV」の時にはGlaejaを使ってこんな記事も書いていました。

こちらも良かったらどうぞ。
この時は海外からも反応があったりしたんですけど、今回は…ねぇ…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE