EasyAccのSmartなモバイルバッテリーPB10000CF

EasyAccさまからモバイルバッテリーPB10000CFをレビュー用に提供していただきました。
とりあえず今回はまだしっかり使っていないので外観をレビューしていこうと思います。

外箱

20150915-1

最近はなんだかダンボール系の箱に紙が巻き付いて…というパッケージばかり見ていたので、これくらいの素朴さが新鮮というか、こういうのがいいよな、と。
なんとなくパソコンのパーツ系を思い起こさせますね。玄人志向とか。

開封

20150915-2

中身は本体と簡単なマニュアル、それにUSBケーブルです。
USBケーブルはコード部分が15cmくらいでかなり短いです。まぁ持ち出す目的なら短いほうが良いかもしれませんね。

20150915-3

本製品はこのサイズながら10000mAhの大容量、そして2ポートあるので2台同時の充電が可能です。
まぁ2台同時に…なんていうことはあまりないと思いますが。

USBの差込口の間にあるのはフラッシュライトです。

20150915-4

光ります。
最近のモバイルバッテリーの流行りらしいですね。

私、普段モバイルバッテリーを枕元に置いていたりします。コンセントがベッドの近くになく、アラームに使っているスマホがバッテリー残量少ないときに充電しながら寝る、というときに使うためです。
ということは、夜中に枕元に置かれるわけで、そういう意味ではライトが付いていると便利…なのか?本当か?
キャンプなんかの時にはいいかもですね。

20150915-5

おしりの方。
マットな感じで、テカテカしていないのは私好みでいいですね。が、皮脂がつきやすいのか、写真に写ってしまう程度だったので拭いてから撮影しました。まぁ普段使いで気になるほどではありませんが。

20150915-6

本体の充電用のUSB差込口はライトのスイッチの反対側に。

大きさ比べ

20150915-7

これまで使っていたダンボーバッテリーよりも大きくて薄いです。重さはダンボーが258gでPB10000CFが226gと、30gほど軽いですね。かばんの中に放り込んでおく分には気にならない程度でしょう。手に持つと流石にズッシリ感はありますが。

スマホと比べると、ZenFone 5が一番近い大きさでした。

まとめ

まだモバイルバッテリーとしては全然使っていないので、性能的なことはどうこう言えないですが、見た目はわりと好みです。自慢したいだとか所有する喜びだとかは無いですが、こう黒い本体にオレンジのラインとかっていう組み合わせが好きなんですよね。
実際、Amazon価格でも「ブラック+グレー」よりも「ブラック+オレンジ」のほうが200円ほど高いですし。

お値段2000円程度なので、モバイルバッテリーを持っていない、持っているものが調子悪くなってきた、なんていう方はちょうどお手頃価格ではないでしょうか。

さてさて。これからしばらく持ち歩いてみて、なにか気付いたことなどあればまた書きたいと思います。あれば。

なお、お友達のハマコーさんも同じ時期に同じ製品を提供してもらって記事を書いているので、そちらも参考に。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE