電池節約アプリでAndroidアプリの使用状況データを収集する時代

少し前にちょっと話題になった記事があるんですよね。

なにが話題って、その記事の趣旨ではなく、以下のところ。

なお、本調査は、2014年12月時点でAndroidアプリ(電池節約アプリ)をインストールしている約5万人を対象に、Androidアプリの接触状況データを集計したものです。

2014年12月 アプリ集計速報 〜 主要アプリの所持率、利用率、MAU率、DAU率 [in the looop]

「Androidアプリ(電池節約アプリ)をインストールしている約5万人」って、なにそれ?なんで電池節約アプリなの?勝手に情報抜いてるの?というお話です。
まぁ、なんかそういうアプリはあるだろうなぁ、くらいは誰もが思っていると思うのですが、こうもあからさまに書かれると…。

で、記事公開の後日、その電池節約アプリというか集計方法について追記されていました。

■ 調査の概要について
外部企業が作成したAndroidアプリ(電池節約アプリ「ぼく、スマホ」)をインストールしている約5万人を対象

■ 取得しているデータについて
当該アプリの データ利用に許諾いただいた利用者 におけるAndroidアプリ接触状況データ
・独自に発番したユーザーID、性別、年齢
・保有アプリ名、起動したアプリ名と日時、インストール/アンインストールしたアプリ名と日時

2014年12月 アプリ集計速報 〜 主要アプリの所持率、利用率、MAU率、DAU率 [in the looop]

電池節約アプリ「ぼく、スマホ」…これですね。

節電! ぼく、スマホ〜おじさん育て電池長持ち!バッテリー節約
制作:

価格: undefined
平均評価: 4.4(合計 14,004 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

正式名称とリンクくらい付けようよ、「Cloudish for Android Apps」には付けてるんだし、とも思いますね。

ふむ…。Playストアの説明文にはそれらしきものは何も書かれていませんね。ただ…

■節電実験を実施!
「ぼく、スマホ」を使って充電の持続時間が2時間延長!
使用したアプリ:だーぱんブラウザ、バッテリー by だーぱん等

節電! ぼく、スマホ〜おじさん育て電池長持ち!バッテリー節約 – Google Play の Android アプリ

これも、その実験とやらの詳細はどこにあるんでしょうね?
まぁいいや。とりあえずインストールしてみました。

150123-1

最初の注意書きで、ちゃんと出てきますね。「第三者へのコンサルティングサービスや統計レポートの提供のために利用されます」とあります。

ん…まぁ書かれてはいるし、他のと違ってイラストも付いてちょっと見やすくしようとしてるし、まぁいいほうなのかなー?

150123-2

スクロールすると「取得する情報」のところに
「カロリー算出のため:キャリア」
って、え?なにカロリーって?なんでそれを算出するのにキャリアが関係あるの?他の項目はまだ言い訳になるくらいの関連性あるのに、なんでここでキャリア?ドコモだとカロリー高いとかそういうのあるの?

150123-3

性別・年齢については任意での入力らしいです。

150123-4

そのあとの規約にも、ちゃんと「第三者に開示することがあります。」って書いてあるんですよね。

…。

…。

まぁ、多くの人はこんな細かいの見ないでインストールすると思いますけどね。

で、この件というかこのデータ提供元「株式会社ビデオリサーチインタラクティブ」のデータについては、私も前にオクトバでネタ元にしてしまっているので…。

この時は「Cloudish」って何かそんなアプリなのか?検索しても出てこないけど…みたいに思ってたのですが、「Cloudish」は集めたあデータを集計する方で、集めるのはまた別だったんですね…。

で、これはOKなの?ダメなの?

いや私、そっちに詳しくないですから。断言できるほどには。ただまぁ、そうやってデータ取られるの嫌な人は「節電! ぼく、スマホ〜おじさん育て電池長持ち!バッテリー節約」はインストールしないほうがいいですよ、と。同社の似たようなアプリも似たようなもんじゃないですかね。

と思ってたら…

この御方が動いていたようで、いろいろあったもよう。で、

こんな感じに落ち着いて、それでアプリ名が追記されたみたいですね。
高木センセの1/21-22あたりのツイートを見ると、なんとなくわかるような気が。
https://twitter.com/search?q=from%3AHiromitsuTakagi%20since%3A2015-01-21%20until%3A2015-01-22

まとめ

うーん、こうやってちゃんとデータの出元を出してあって、その元のアプリもちゃんと規約に書かれているのであれば、それをソースに記事を書いても、まぁいいのかなー。うーん…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE