MOVERIO BT-200AVをレンタルして未来感を味わってみた -開封編-

141221-1

EPSONが作るウェアラブルデバイス、スマートグラスである「MOVERIO」というものがあります。画像を見て分かる通り、ちょっと未来に行ってるデバイスです。

141221-2

ヘッドマウントディスプレイとしてはソニーのものなんかも着けてみたことがあるのですが、EPSONのこれは透過型のグラスとなっており、上のイメージ画像ように周りの景色もちゃんと見えて、機器の画像も半透過で表示されます。

この未来感あふれるデバイスですが、現在これを体験できるレンタルサービスが始まっています。

MOVERIOレンタルサービス | エプソン

4日間で3000円というレンタル料(送料込)はかかるのですが、なかなか楽しそうなのでさっそく申し込んでみました。

開封

141221-3

ででーん

141221-4

箱を開けるとEPSONの封筒。レンタルに関する書類等が入ってました。

141221-5

そしてその下に本体の箱が。

141221-6

内容物。

141221-7

キャリングケースの中にひと通りのものが収まっています。でもさすがにそれなりの大きさなので、気合を入れないと持ち歩くのは難しそう。まぁ10インチタブレット持ち歩くのと同じ程度の気合でいいかもしれません。

141221-8

このメガネとコントローラーがメインです。

141221-9

前から。

141221-10

後ろから。
レンズにある四角いところに画面が映ります。

141221-11

右の隅にカメラも付いています。このカメラの性能については次回で。

141221-12

コントローラー。
有線でスマートグラスと繋いで操作します。一見スマホのように見えますが、ディスプレイ部分はなにも映りません。ここは前面タッチパッドです。バックキーなどは物理ボタンで装備されています。基本的にコントローラーは見ないで操作するので、触ってわかることは大事です。

141221-13

右側面にはMicro-USBと音量ボタン。物理ボタンは基本的に大きくて、わかりやすくなっています。

141221-14

上部には電源ボタン。スライド式です。

141221-15

左側面にはMicro-SDカードの差込口。

141221-16

下部はグラスとつなぐためのコードのコネクタ。ストラップ用の穴もありますね。

141221-17

これはBT-200AVだけについてくるもので、Wi-Fi Directを使ってこれの画像をTVに映したり、スマホやTVの画像をBT-200AVに映すことができます。

待て次回

写真だけで長くなってしまったので、使ってみた中身については次回に。
なお、このレンタルキャンペーンはレンタルできる日程があらかじめ決まっています。私は12/20-12/23の日程で申し込みましたが、次回以降は以下のようになっています。

  • 1/10-1/13
  • 1/24-1/27
  • 2/7-2/10

なかなか面白いので、興味ある方はどうぞ。
レンタル料金は3000円ですが、実際に使ってみて購入する場合は3000円引きになるクーポンもあります。レンタル料が還元される形ですね。

ちょっと体験するだけなら家電量販店にもあるようですが、実際に自分の持っているコンテンツを使ってみたり、寝転がって使ってみたり、人には見せられない動画を再生してみたりするにはレンタルしてみるのがいいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE