ZenWatchを買いました。2台目のAndroid Wear端末購入です!

ついこの間LG G Watch Rを買ったと思ったのですが、今度はZenWatchを買ってしまいました。こちらはASUSからでているAndroid Wear端末で、ディスプレイは円形ではなく正方形となっています。

LG G Watch Rの、スマートウォッチとしての性能やらに特に不満はなかったのですが、いろいろ思うところあってZenWatchを購入しました。(LG G Watch Rは手放しました。)

開封の儀

141124-1

これまた高級感ある箱です。黒い立方体、というイメージ。

141124-2

背面にASUS ZenWatchと書かれているので、こっちが正面だったら良かったのに…。

141124-3

箱を開けるとZenWatchとご対面。
本体の盤面だけ見えていて、あとは中蓋の下、というのはLG G Watch Rと同じですね。
でもなんでしょう…製品名が書かれていたりと、コチラのほうが開けた時の感動がありました。

141124-4

内容物はマニュアルとACアダプタ、USBケーブルにクレードル、といたって普通な構成です。

外観チェック

141124-5

ベルトは革製で、普通の時計用のものと交換もできます。

141124-6

ディスプレイは正方形です。
LG G Watch Rにあったような竜頭は付いておらず、見えるところにボタン類はありません。

141124-7

裏面には充電端子と、少し側面よりに電源ボタンがあります。ただし、このボタンは起動中はほとんど触る必要はありません。(だからこそ隠れるようにあるのですが。)

141124-19

時計の留め具は、私は(普段時計はしないですし)最初付け方がわからなかったです…。
一度穴を決めたら、あとは簡単に留め具を外したり付けたりできます。

電源オン

141124-8

最初にASUSロゴが出て

141124-9

そのあとのandroid wearロゴが登場。

141124-10

これがデフォルトのウォッチフェイスです。

141124-11

ディスプレイ部分は僅かですが湾曲しています。

141124-12

こっちのほうがわかりやすいかな?

141124-13

うでに付けると、やっぱり少し大きい気がしますが、そんなに違和感ありません。

141124-14

さっそくアップデートがありました。この画面は普通のAndroid端末でもおなじみなので、それがAndroid Wearで出るのがちょっと不思議でした。

141124-18

ちなみに、充電はクレードルにはめ込んで行います。このクレードルは奥というよりもはめ込む感じです。なのでUSBケーブルを引っ張ってもZenWatchが外れることはありません。

LG G Watch RとZenWatchの外観比較

141124-15

ディスプレイの縦横は同じくらいですが、四角いだけZenWatchのほうが大きく見えますね。
そして、ディスプレイ周りのベゼル部分もZenWatchはまだまだ大きく感じます。

141124-16

ただ、デザインとしてはZenWatchのほうが落ち着いているというか、スーツにも似合いそうです。LG G Watch Rは少しスポーティというかアウトドアっぽいですよね。

141124-17

遠近感で、より大きく見えますね…。

まとめ

LG G Watch Rが悪かったわけではないのですが、今後はZenWatchに活躍してもらうことになりそうです。改めて見るとやっぱりベゼルが大きいかなーとも思いますね。

次はZenWatchの内部的なもの、バッテリーの持ちなどを記事にして書こうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE