Googleの新しいメール「Inbox」を試してみました

現地時間22日に発表されたGoogleの新しいメールサービス「Inbox」ですが、ようやく私の所にも招待が回ってきました。なのでさっそく使ってみました。

Googleが全く新しいメールサービス「Inbox」を招待制で開始! | Aplis

招待きた!

141029-1 141029-2

23日に招待のリクエストは送ってあったので、1週間くらいかかったということでしょうか。というか、その翌日に送ったアカウントにも今日同じように招待が届きましたし、周りでも今日届いた人がかなり多いようです。そして、なぜかリクエストを送っていないアカウントでも使うことができました。(ちょっと共用系のアカウントなので他の人が送った可能性も…。)Google Appsによるアカウントはまだダメでした。

機能とかは、まぁニュース系の記事なんかに既に乗っているので、とりあえず見た目の比較など。

受信箱

141029-3 141029-4

なんか「マテリアルデザイン」ってかんじですね。
明るく、カラフルな印象です。

141029-5 141029-6

リスト部分を左にスワイプするとスヌーズ機能が出てきます。
指定時間にそのメールを再送させることができます。Mailboxとかのアプリでもあった機能ですね。

Bundle

141029-7 141029-8

広告メールなどは、最初の画面からすでにまとめられています。こんなの見たくないぜー!というときは最初からまとまってるのでポイッできていいですね。
TravelとかPuechasesとか最初から用意されています。Gmailで付けていたラベルはまた別でちゃんとあります。

メール作成

141029-9 141029-10

+ボタンをタップすると直前のメール相手?よくメールする人?が出てきます。
まったくの新規メールの作成の場合はもう1回押さなければなりません。これがちょっと面倒かも。

通知

141029-11 141029-12

英語のほうがInboxです。
なんかアイコンの解像度が足りてないんですが…。

141029-13 141029-14

うーん…。

使ってみた感想

うーん…。
最初は「わーいヽ(=´▽`=)ノ新しいのだー!マテリアルデザインだー!」って楽しんでいたのですが、どうにもダメな気がしてきました。なんか見難いんですよね。
リストでタイトルと送信者のフォントサイズがほぼ一緒だったりで、イマイチどこが重要なのかわからない。
パッと見は明るくていいんだけど、どこを見たらいいのかわからないというか…。

Inboxは、たぶん、自分で考えなくてもアプリ側でいろいろ仕分けたりとかしてくれて、ニンゲンに面倒をかけないメールアプリ…なんだと思います。でもそれが私には合わない気が。
普段から広告メールとかが大量に来て重要なメールが埋もれがち、というような人にはいいかもしれません。私は…今のGmailのほうが好きですね。(これが新しいものを受け入れられない古いニンゲンということじゃなければいいのですが。)

うーん…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE