これなんか面白い WindroyでWindows上でAndroid4.0を使う

Windows上でAndroidを使うことのできるフリーソフト「Windroy」を使ってみました。
どういうものなのか、ちゃんとした説明は窓の杜とかVector見るといいと思います。
【レビュー】Windows上で手軽に起動できるAndroid OS「Windroy」 – 窓の杜
Vector 新着ソフトレビュー 「Windroy」 – Android用アプリをWindows上で実行できる高速エミュレータ

さて、さっそく使ってみます。

インストール

まずは作者サイトからダウンロードします。

Run Android on Windows — Windroy, Android with Windows kernel

Vectorとか、他のサイトからもダウンロードできるようです。

140427-1
Downloadページのこれですね。

ダウンロードが終わったらダブルクリックでインストールです。
英語ですけど、まぁ指示に従って進めてください。最後に生えとかメールアドレスとか聞かれます。嫌な予感がする人は捨てアドなどで試すといいと思います。

起動

140427-2
フルスクリーンで起動すると、なんだか見たことあるようなロック画面。
鍵マークをマウスでドラッグしてロックを外します。普通にAndroidです。

140427-3
ホーム画面になります。どうやらタブレットUIのようです。
それにしても、なんだか広い…。

140427-4
スクリーンショットだけだとわかりにくいので、実際に動作しているPCディスプレイの写真を。
21.5インチのディスプレイにAndroidの画面はデカイです。かなり。

アプリを入れる

140427-5
最初に入っているアプリはこんな感じです。
Google Play入ってません。

140427-6
アプリは、そのapkファイルをWindroyのアプリフォルダに入れることでインストールできます。
C:Windroywindroy_rootdataapp
ここですね。一番簡単なのは、Android実機からバックアップ系のアプリでapkを保存して、それをPCに移す、というのですかね。

140427-7
アプリ増えました。
140427-8
Glaejaも動きます。
ただ、いくつかのアプリは正常に動きません。オクトバアプリは起動せず、でもウィジェットは動くというよくわからない結果に。

まとめ

PCで動作させているので、かなりキビキビ動きます。モッサリ感はまったくありません。マウスで操作するのが若干違和感ありますが、慣れればなんてことないです。思わずマウスホイールを使ってしまいそうになりますが、それでのスクロールはできません。タッチパネル対応のWindows機だとどうなるんでしょうね。タッチきくのかな?

開発者が自分のアプリを試すのにはいいんじゃないでしょうか。
ちなみにAndroid4.0.3です。

フォントは中華フォントですが、これを変える方法や解像度の変更、ウィンドウモードなどはまた次の機会があれば書きたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE