twitcle plus 1.1.6でフォント変更までできるようになってました。

twitcle plusがアップデートされてました。その内容がけっこう色々なところに手をつけてて、なかなか嬉しい機能もあったので紹介したいと思います。

今回の更新内容

先に全部引用してしまいます。

バージョン1.1.6
・メイン画面スタイル変更機能実装
・フォント変更機能実装
・画像ビューアーでダブルタップズーム実装
・DM画面にて文字数オーバー時に文字数を表示する機能実装
・ツイートパーマネントリンクの共有実装
・UserStreamで常にスクロールポジションを維持する機能実装
・本文の@ユーザー名,#ハッシュタグ,URLをリンクする機能実装
・プロフィール画面にてユーザー切り替え実装
・saved searchの削除実装
・ツイート詳細メニュー項目の削除と追加実装
・ミュートのNGワード編集機能実装
・Android4.4にてアプリ選択が出来るよう変更
・プロフィール画面からミュート解除出来るよう変更
・一部の画像選択アプリから画像が取得出来ない不具合修正
・検索画面でLoading表示が消えない不具合修正
・画像投稿時に小さな画像が拡大される不具合修正
・起動時にスクロールポジションや未読数が初期化される不具合修正
・一部の端末で設定が隠れる不具合修正
・UserStream利用時に強制終了する不具合修正
・パフォーマンスの向上
・その他エラーレポート修正
twitcle plus (Twitter) – Google Play の Android アプリ

不具合修正もありますが、それ以外に機能の実装もたくさんありますね。

メイン画面スタイル変更機能

140327-1 140327-2

表示設定の中にある「メイン画面のレイアウト」のことだと思いますが…。
「シンプル」にすると上部のカラム名部分にユーザー名が表示されなくなり、代わりにアイコンが表示されます。アイコンをタップすると別のアカウントに切り替え(アカウントフィルタ)ができます。
「デフォルト」と「デフォルト(スワイプメニュー無し)」は違いがよくわかりませんでした。(メニュー表示の時に元のタイムライン表示部分が左にスライドされるかどうか、といった部分っぽいです。)

デフォルト以外にすると少し軽くなるかもしれない、とのことです。

フォント変更機能

140327-3 140327-4

表示設定の「フォントファイル」から端末内のフォントファイル(ttf)を選択するとそのフォントに切り替わります。
ちなみに一度変更するとデフォルトのフォントへ戻すことはできないようです。(3/25情報では次回アップデートで対応予定とのこと。)

本文の@ユーザー名,#ハッシュタグ,URLをリンクする機能

140327-5
「ショートカット設定」の中にあります。チェックしないと有効になりません。
これまではリンク等が含まれているツイートの場合は、一度タップしてツイート詳細を開き、そこからリンクなどを選んで飛ぶ形式でした。今度はタイムライン表示でURL部分をタップするとそのままブラウザが起動してURL先を見ることができます。ハッシュタグの場合はそれで検索した結果が表示されます。一手間減るのでありがたいですね。

ツイートパーマネントリンクの共有実装

140327-6 140327-7

これまでも「ツイートを共有」というのはあって、それを選ぶとツイートの内容とそのパーマネントリンクが一緒に他のアプリに渡せるようになっていました。今回の「ツイートURLを共有」では、共有されるのはURLのみになり、ツイート内容までは共有されません。

まとめ

ここにきてこんなにたくさんの機能追加などがあるとは思ってませんでした。
フォント変更機能は、一度うまい具合に設定できればそのあとは使わないかもしれませんが面白いです。殺伐としたタイムラインも緩い手書き文字にすれば少しは和むかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE