IcoMoonでリガチャ(合字)対応のフォントを作る

前回の「フォント「Glaicon3」」の記事で公開したGlaicon3フォントは、複数の文字を入力すると1つのアイコンになる不思議なフォントです。これはリガチャ(合字)というものを使って、あのような動作を実現しています。

リガチャというのは

合字(ごうじ、英: Ligature)とは、複数の文字を結合した文字のこと。
合字 – Wikipedia

というものです。アルファベットの文字間を狭めて、1つの文字にしてしまったもので、fとiが合わさってfiというようになります。

フォントの中には、そういうあらかじめ決められた複数の文字があった時に、それぞれ独立した文字で表示するのではなく合わさった合字で表示できるフォントがあります。Glaicon3はそういうフォントとして作成しました。

このリガチャを使ったフォントを簡単に作成できるウェブサービスがIcoMoon Appです。

IcoMoon App – Icon Font Generator

使い方

では今回のGlaicon3フォントを作成するまでの流れを使ってIcoMoon Appの使い方を紹介します。
140202-1
まずIllustratorなどを使ってアイコンを描きます。

140202-2
svgファイルで保存します。
ここまでできたらIcoMoon Appへとアクセスします。

なお、IcoMoon Appを利用するにはユーザー登録が必要です。

140202-3
基本的には以前紹介したFontelloと同じで、複数あるアイコンフォントから自分の好きなものを選んで自分用にフォントファイルをダウンロードできるサイトです。

左上に「Import Icons」というボタンがあるので、そこから先程作成したsvgファイルを読み込ませます。複数ファイルをいっぺんに読み込むことができるので、大量のアイコンでも楽です。

140202-4
自作のアイコンが他のアイコンフォントと同じように並びます。

140202-5
1つ1つ選択してもいいですが、右側のメニューからいっぺんに選択することもできます。
選択し終わったら下部の「Font」ボタンをクリック

140202-6
それぞれのアイコンが何のキー(文字)に対応するかの設定画面です。
左上のLiaguresボタンを押すとリガチャの対応文字を入力することができるようになます。

140202-7
対応する文字を入力していきます。
リガチャは複数の文字を入れることができます。その場合はカンマ区切りで入力します。

140202-8
入力し終わったら上部の「Preferences」ボタンからフォントの情報(名前など)を入力し、一番下の「Dawnload」をクリックすれば圧縮されたファイルをダウンロードできます。
解凍するとフォントファイル以外にもいろいろ入ってますが、fontフォルダの中の.ttfファイルさえあればとりあえずGlaejaでは十分です。

もちろん自分でアイコンを作成しなくても、最初から用意されている他のアイコンフォントの中から自分の好きなものを選んでリガチャを設定することもできます。ソッチのほうがGlaiconよりも高品質なので、それもお勧めです。

まとめ

こうして、自分の好きなリガチャを設定したフォントを作ることができれば、Glaejaでの天気表示などがとても簡単になりますね。他のアプリでもいろいろ応用できると思います。いろいろ試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE