このブログを見ている人たちのブラウザサイズ集計

ブログ的なお話です。

このサイトもGoogleアナリティクスを利用していて、どんな人達が来ているかなどアクセス解析をしています。そこに使用しているPCやらスマホやらの機器についてのレポートもあります。それを使って、どんなブラウザに対応させたらいいかとかIE6爆発しろだとか考えています。

ユーザーの使用デバイスの画面解像度なんかもわかるのですが、これはそのディスプレイの解像度でしかありません。実際はウィンドウを最大化してブラウザを見ている人ばかりではありません。サイドバーを出している人は更に横幅が狭くなっているはずです。

そこで、実際のブラウザ表示領域の幅を測定・集計することのできるサービスがBROWSIZE.ORGです。

BROWSIZE.ORG

このサービス自体2006年くらいからあるので相当古いのですが、ほかに類似サービスを見つけられていません。(Googleアナリティクスでも同じことできるようになっていたりします?)

集計結果

ここ2週間ほど、このサービスでこのサイトのPC版表示のみを集計していました。(実際はほかのサイトのも入ってますが、数値が低いのでそれほど影響はないと思います。)集計結果は以下のとおり。

サイズごと
画面サイズ 割合
0~640 10%
641~800 5%
801~850 0%
861~900 0%
901~950 1%
951~1024 9%
1025~1152 10%
1153~1280 18%
1281~1400 19%
1401~1600 8%
1601~2048 13%
2049~9999 0%
最低幅
画面サイズ 割合
640~ 90%
760~ 89%
800~ 85%
850~ 84%
900~ 83%
950~ 81%
1000~ 78%
1024~ 72%
1152~ 61%
1280~ 43%
1400~ 23%
1600~ 14%
2048~ 1%
9999~ 0%
140127-1

考察

横幅800px以下の人がけっこういるのに驚きですが、これはスマホでPC表示にして見ている人(うまく切り替わらずにPC表示になってしまった人)もいるのかな?と思います。ちなみにサイト見ている人の半分くらいがスマホです。タブレット加えると6割くらいがそういうモバイルな方々です。

一昔前は1024pxくらいが多かったのですが、現在はそれよりも広がっていますね。デスクトップPCもノートPCも横幅1600pxくらい普通にあったりしますしね。あとChromeとかサイドバーが無いブラウザも普及してますし。

とは言え、900~1024だけ見ても10%の人がいるわけです。ブログの横幅が1024px以上あるとその人達は横スクロールバーが表示されてしまいます。これを切っていいかどうか、そういうのを考える必要があります。

ま、ちゃんとしたレスポンシブデザインにすればいいんですけど。
このほかにも「お前のブログ読みにくいんじゃボケェ」というところがあったらコメント貰えれば善処します。どうぞよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE