AdSense Partner Day in 東京に行ってきました。

Androidの方々には「xperia非公式マニュアル」でお馴染みの染谷さんに土下座して、Googleの「楽しみながら収益アップ!AdSense Partner Day in 東京」というものに連れて行ってもらいました。

130911-1
あんまりよくわかってなかったのですが、六本木ヒルズ!そっかGoogle日本ってここか!

Google Japan

セミナーの行われた部屋の中は撮影禁止でしたが、その外は撮影許可が出たので何枚か撮ってみました。
130911-2130911-3130911-4

なんか「書道部」があるとか?でフロアの至るところに筆で書かれたドロイドくんやタイトルやChromeアイコンとかがたくさん。
ほーほーほー。

肝心のセミナー内容は、とりあえずメモしたものを…。

ライブ最適化講座

事前に募集した参加者のサイトを使って解説するコーナー。

ログハウス.com- 建築とログハウスキット http://www.loghouse.cn/
誤クリックは単価下がる

728の横長よりも、300*250を2個並べるほうがいい。
検索ボックスもアドセンスので。

シェアーズカフェ・オンライン http://sharescafe.net/
トップのタイトル横はクリック率低い?
記事下に300*250を2つ並べる

・クリック単価を下げない
dfpスタンダード?

レクタングル大は中を一応兼ねる(表示される)
効果はどちらもあるけど、サイトデザインに合わせて

モバイル収益化

our mobile planet
スマホ普及率18-24で50%超え
全体で25%くらい。

モバイルガンガン伸びてる。来年には50%超えが?(うちのサイトは既に50%以上モバイル。まぁそういうサイトだし。)

-シンプルなナビゲーション
-親指人差し指での操作を意識
-視認性の高いデザイン
-すべての端末を意識した作り

インテリジェンスレポート
カスタムアラート

サイト速度の改善
適度なコンテンツ量(10スクロールは多い)
モバイルに適したナビゲーション・ユーザビリティ
・横スクロールという選択肢
ライブドアなど。
・アイコンの活用
・検索導線の確保(ページの上下)
・畳むという技術

pagespeed tools
mobile70/pc80点目指す

サイト最適化
1ビュー内に複数の広告ユニットの配置は違反
非同期コード

レスポンシブ広告ユニット
Inside Adsense
フィルタリングはずしてみる

ポリシー講座

・不正なクリックやトラフィック
・児童ポルノ
・同じ違反の繰り返し
ほぼこの3つで取り締まり

警告きたら、似たような違反がないか確認して3日以内に修正

contentsもファーストビューに。

スポンサードリンクは、安全度上がる
入れた方がいい印象

追尾する広告はNG

動画で

とか書いてたら、動画で本日の内容が上がってました。早い!
楽しみながら収益アップ!AdSense Partner Day in 東京パート1

まとめ

基本的には、いつもAdsenseの画面を開くとGoogleさんから言われているようなことだったので、そこまで驚きがあるわけではありませんでした。まぁ自分の考え的なものは間違っていないのかと。そんな中で印象的だったのは下記2点。

・広告主・サイト運営者・ユーザーのすべてがWINになるように。そうでないと、誤クリックで単価が下がっていったり広告が無くなったりと、よろしくない状態になってしまう。
・レクタングル(300×250)を2個並べる。

懇親会

懇親会会場に行くと、美味しそうなものが並んでました。
130911-5
※美味しそうなものを美味しそうに撮影する技術は持ってません。

130911-6
※フィルタでごまかすぜ。

ただ、参加者が50名くらいいたのかな?もっと?だったので、あっという間に食いつくされました。おかわりできなかった(´・ω・`)
ドリンク…というかお酒は常にありました。1本だけいただきました。ほろ酔いです。

さすがGoogleです。懇親会もプログラムがバッチリあって、ぼっち参加でもそれを眺めてればOKです。むしろそれで時間無くなってました。

もう一度まとめ

アドセンスの収益というか、サイトデザインとかサイト設計とか、そのあたりをもうちょっと何とかしようかな、と考えていたのでちょうどいい機会でした。こんな機会を与えてもらって染谷さんには感謝感謝です。
その染谷さんに(初めて)会うというのも楽しみの1つでしたが、お会いできてよかったです。なんかとても良さそうな人でした。なにがそうなのかわからないですが、「あーなるほど」という印象でした。
染谷さんの本↓

と、いうわけで、今後もこのサイトをよろしくお願いします。
まずはちゃんとホーム画面に関する記事を書かねば。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE