twitcle plusが出たー!

以前からメインのtwitterクライアントとして使っていたtwitcleがついに正式版となる「twitcle plus」がでました。有料で350円となっています。

有料ということで、ためらっている方もいると思うので、いくつか以前のものと比較したスクリーンショットなどを載せてみようと思います。参考になれば幸い。

比較した画像は、twitcle(左)twitcle plus(右)となっています。

タイムライン


ヘッダーが太くなった代わりに、ユーザー名とアカウント名が1行になり、クライアント名も削除されたので、全体的に詰まる形に。1画面中の表示数は増えた。

画像サムネイルは大きくなって、より確認しやすく。

DMの未読数が消えないけど、これはそのうち直ると信じてる。

メニューボタン


これまでは、端末にメニューキーが無いものでも、ナビゲーションバーにメニューボタンが出ていたのだけど、plusでは排除されてしまった。
メニューキーがある端末でメニューキーを押すと簡易メニューが出てくる。
ここでいう「詳細メニュー」が、ヘッダー右側のメニューボタンの内容となっている。

ツイートの詳細表示

ツイート画面


「ツイート」が「Post」に変更。
デフォルトではPostボタンは右上にあるが、下側に変更可能。
もちろん、複数アカウントでの同時ポストも可能。

プロフィール画面

マルチカラム


plusから、横向きにした時に1画面中に複数のカラムを表示できるようになった。1-3で選べる。
plumなんかにもあった機能だけど、タブレットなど、画面が大きな時に見やすい。
タブレットでの表示例↓

設定画面

ここからは、設定画面のスクリーンショット。これを見ればどんな機能があるのか、だいたい分かるんじゃないかな。

一般設定


一部端末では「ハードウェアアクセラレーション」を切ったほうが動きが良くなるみたい。

投稿設定


「投稿ボタンを上部に配置」はデフォルトではオンになってる。

確認設定


ミスが怖い人は。

Twitter設定


User Streamで通知するか、など

ショートカット設定


ツイートの右側左側のタップ・長押しでそれぞれ機能を割り当てる事ができる。1タップでふぁぼることができる。
また、ボリュームキーでタイムラインをスクロールしたりアカウントを切り替えることもできる。

表示設定


ここはあまり変わりなしか。

更新設定


スリープモード時は定期更新しないのでバッテリー節約できる。

カラム管理


長押しで移動できる

カラム管理(個別)


通知や更新間隔をカラムごとに設定できる。

ユーザー管理

ミュート設定

カラーグループ設定


ここでグループを作成してから、ユーザーごとに設定する。

ハッシュタグ管理

その他の操作

その他、ちょっとわかりにくかった点など。

  • カラーグループの設定をβでバックアップしてそれをインポート…とかはできないみたい。
  • 端末にメニューキーが無い場合、アカウント切り替えは以下の2種類
    • ボリュームキーのショートカットに割り当てる
    • 左上のホームとかのアイコンタップ→アカウント名をタップ→カラムフィルターで選ぶ
  • カラムフィルターで「すべてのアカウント」をタップすると、すべてのアカウントを並べてスワイプでカラム切り替え、とかができるようになる。
  • TL上でクライアント名や絶対時間表示が無いのはTwitter社の方針のせい。これに従わないとそのうち使えなくなるらしい。ツイートの個別表示ではどちらも表示されます。
  • バージョン1.0.0ではDMの未読表示が消えない模様。DMの表示がスレッド表示になったため、スレッドリストを見るだけでは中身が未読のままなので減らない。スレッドを開くと数が減る。
  • 個別ツイート画面で右上のアカウント名タップで切り替えると、切り替えたアカウントでRTしたりできる。普通にRTを長押しでもアカウント選択できるが、1.0.0ではうまく動いていない模様。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE