最近作ったホーム 120403

1ヶ月ほど前にGalaxy Nexusを手に入れていたのですが、その大きさ故か、なかなかホーム画面を作る事ができませんでした。が、ようやくなんとか1つできました。以前も似たようなコンセプトで作ったことがありますが、今作ったらこうなる、というようなものでもあります。

dNkbSg8Gzf
【機種】
Galaxy Nexus
【ホームアプリ】
ADW EX
【ウィジェット】
scReaderWidget, Glaeja, DVR, SiMi Folder, Pure Grid Calendar
【ひとこと】
Galaxy Nexusでの初のホーム画面作成でした。雑誌の表紙風ホーム画面に再挑戦、といったところでしょうか。なかなか気に入るものが作れました。自分にしてはたくさんのものをゴチャゴチャ置いている印象があります。

たまには少し詳しく解説でも書いてみようと思います。

120409as

ホームアプリはADW EXを使っています。ICSにしっかり対応しているのがいいですね。行列の設定を10行8列にしています。また、ドックバーはあるものの、Dock as Overlayにチェックを入れてドック部分までウィジェットが来るようにしています。

各ウィジェットの配置は図のようになっています。scReaderWidgetは4×2サイズを設置し、それを4×1サイズに縮小していますが、それ以外はいたって普通に配置してあるだけです。最下段のDVRとSiMiFolderの間には透明アイコンでドロワーもあります。

まず最初のコンセプトとして、雑誌の表紙風にしたかったので、メインの画像以外は文字をたくさん使いたいなと思いました。ま、その文字も「煽り文」「見出し」「小見出し」とそれぞれの文字の大きさを考えました。まぁそれなりに雑誌っぽく見えるようにできたのではないでしょうか。

時計部分

時計部分の、画像の下に文字がきているように見えるのは過去にもやったネタです。その時と同じように、画像の女性の頭部分のみ切り取った画像をGlaejaで時計の上に配置しています。
横の画面に移動するとウィジェットと一緒に移動しますが、今回のように2画面運用ですとそれほど目立つことはありません。

時計部分については、2種類のフォントを使っています。「時」部分はリッチテキストを使っています。そして$HH$@0/1/d@として10の位を、$HH$@1/1/d@として1の位をそれぞれ別のフォントで表示しています。

1の位および「分」のフォントはCODEを使っています。10の位についてはオリジナルでフォントを作成…といってもこの部分は0と1と2だけですが。1の時はiのような、2の時はiiのような表示になります。(画像は23時26分です)0については0のままですが、CODEの0は他の数字に比べ少し背が低かったのでそこだけは改造しています。

煽り文部分

120409b

 なにか大きな文字が欲しかったのですが、ここで機種名や端末情報を記載しても面白く無いので名言ウィジェットのようなものを作りました。
Glaejaで乱数にあったテキストを表示しているだけです。表示に使うテキストファイルを3つ用意し、文字数によってファイルを分けています。文字数の少ないテキストの時はフォントサイズも大きめで表示します。これは読み込むテキストの1つには1行目から5行目までを書き、ほかのファイルの1行目から5行目までは空白にすることで実現しています。

フォルダー等の部分

特に難しいことはやっておらず、DVRとSiMiFolderを置いているだけです。それぞれのアイコンを作っても良かったのですが、画質等を考えると壁紙に書いてしまったほうがキレイで早かったので透明アイコンを使っています。

こんなところでしょうか。ようやくGalaxy Nexusでもホーム画面を作ることができた、とホッとしています。画面が大きくて表示ピクセル数も多いのはいいのですが、壁紙などなかなか合う大きさのものを用意するのが大変そうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE