Glaejaスキンサンプル12個

これまでもGlaejaに関していくつも書いてきましたが、だいぶ散乱しているのでまとめようと思っています。でもその前にちょっとスキンを作って残しておこうと思いました。あんまりオリジナルと言えるものはなくて、どこかで見たことがあるようなものをGlaejaに変換したようなものが多いです。

mClockのアレ1 [パタパタ黒&灰]


4×2サイズ
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/65/s-mblack.skin
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/66/s-mwhite.skin
mClockのスキンでよく見かけるアレです。mClockは日本語の言語設定にしていると曜日が日本語表記になってしまってイヤンな方もいると思います。だったらmClockのスキンから背景画像だけ取ってあとはGlaejaでやればいいやん、ということで。
スキンファイルに画像は入っていません。mClockのスキンをDLして、そこから画像を抜き出してGlaejaのimageフォルダに入れてください。

 

mClockのアレ2 [2circles]


2×2サイズ
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/61/s-2circle.skin
これもmClockのスキンから。このあたりでmClockのスキンがいろいろと紹介されています。
サークルの色など、Glaeja上だったら変更しやすいと思います。

 

1Weatherっぽいの


2×2サイズ
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/59/s-tenki.zip
1Weatherという天気アプリのウィジェットを模したもの。
そのわりにうまく行かなかった感じが…。

 

mClockのアレ3 [オレンジボックス]


4×1サイズ
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/67/s-orangebox.skin
この角丸のプレートっぽいものを画像を使わずに表現してみたくて作りました。作成方法の都合上、黒い部分は半透過にできません。普通に画像で用意したほうがいいですよね。

 

mClockのアレ4 [グリーンラベル]


4×1サイズ
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/64/s-greenlabel.skin
またまたmClockのスキンから。中でもわりと好きなやつです。

 

バーコードのアレ [バーコードバッテリー]


4×1サイズ
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/63/s-barcode.skin
バーコードは単にそういうフォントを使っているだけです。そういうフォントも幾つかありますが、今回はanke-artのBarcode Fontを使用しています。DLしてGlaejaのfontsフォルダに入れてください。

 

週表示1


4×1サイズ
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/68/s-week1.skin
常に今日の日付と曜日が中央に表示され、前後3日間の日付と曜日が表示されます。

 

週表示2


4×1サイズ
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/69/s-week2.skin
日曜から土曜の位置は固定で、その週の日付が表示されます。マッチテキストで当日だけはフォントが変化します。(当日はHelo、その他はHelo Lightとなっています。フォントはスキンに含まれません。)

 

週表示3


4×1サイズ
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/60/s-week3.skin
週表示2の表示位置を変更しただけのバリエーションです。iPhoneの脱獄ホーム画面を見ていたらこんなのがありましたので。
このあたりを頑張ればExtDateWidgetXLのような表示もできるのかな、と思います。

 

前後3週表示


4×1サイズ
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/62/s-3weeks.skin
さらに応用し、前週今週翌週の3週間表示にしてみました。
それだけでは何なので、当日を四角で囲むようにしました。この資格は単に文字で□を表示して、変形と移動で移動させています。

 

四次元殺法コンビの名言


4×1サイズ
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/58/s-4ji.zip
四次元殺法コンビがありがたい言葉を与えてくれます。
描画更新のタイミングで65個の言葉の中からランダムで表示されます。wcrand@x@でランダムな数値を、fでテキストファイルからテキストを引っ張ってくるようにしています。
改行に関しては単純に一文の中からいらない部分を削除しているだけで、行ごとに削除する場所を変えているということです。(この部分でレイヤーは行数分の4枚)
なお、左側の四次元殺法コンビもfで呼び出しているAAとなっています。(まぁ無駄ですが。)AAがずれないようにフォントはIPAモナーフォントを使用しています。スキンにはフォントは含まれていません。各自でDLしてください。

 

いろいろと作ってみましたが、まだまだGlaejaには使ったことのない機能もあります。組み合わせて、どんなものが実現できるか考えると面白いですね。

この12個のスキン全部をまとめたものは↓になります。
http://ux.getuploader.com/orefolder/download/123/sample12.zip
Glaejaの「スキンをZIPファイルからインポート」を使えば全部インポートされるはずです。ファイル名はどれもs-から始まっています。名前からだいたいどのスキンかわかると思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE