カスタマイズ系ウィジェットの電池消費量2

以前も一度「カスタマイズ系ウィジェットの電池消費量」をやったのですが、その後各アプリともアップデートされてたので、また調べてみました。というか、最近MinimalisticTextのバッテリー消費量が増えた気がするんですよね…。


今回のウィジェットです。いろいろ増やしてみました。画像にも書いてあるように、Minimalistic Text, Chronotopia, BITS Widget, Glaeja, Make your Clock, Simi Clock, Beautiful Widgetsの7個です。カスタマイズ系でも無いものが入っていますが、まぁ参考ということで。

とりあえず12-24時間ほど放置してみました。この間、ほとんど操作してません。まぁそういう環境ですので、実際には参考にならないかもしれません。表示する項目が増えると消費量が上がるのかもしれないですし、アプリによってその辺も変わるかもしれませんが、今回はとりあえずこれということで。


BatteryMixでのグラフはこんな感じです。
さすが、操作していないで放置してただけなので緩やかです。使っててもこれだけ緩やかならいいのですが…。
見ての通り、WiFiもGPSもBluetoothもオンにしてあります。

 


で、これが結果です。
うわっ、なんでGoogleReaderがこんなに…ウィジェットも置いてないのに…。
とりあえず上記で挙げたウィジェットを抜き出してみると…

Beautifl Widgets 11.38%
Glaeja 10.56%
BITS 5.47%
SiMiClock 4.36%
Minimalistic Text 2.39%

Make You Clock 1.77%
Chronotopia 0.94%

といったところですね。
Beautiful Widgetsがけっこうバッテリー消費してたんだなぁ…と。
ウィジェットは上の画面で置いているものだけだったので、ただインストールしてあるだけでバッテリー消費しているものもけっこうありますね。RSS Reader系は起動したりウィジェットを置かなくても通信して情報更新していたりするようです。b-mobile Fairを使っていて、なんだか通信量多いなと思ったらウィジェットを置いてもいないMinimalReaderが原因だった、ということもありました。

使い方などによってバッテリー消費量も変わってくると思いますが、とりあえずの参考にでもなれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE