bxActions:Galaxy S8 / S8+のBixbyボタンに別のアクションを設定するアプリ

bxActionsはGalaxy S8/S8+に搭載された「Bixbyボタン」の機能をBixby以外のアクションに置き換えるアプリです。つまりはGalaxy S8/S8+専用のアプリになります。

bxActions - Bixby Button Remapper

Bixbyボタンに別機能を割り当てる

Galaxy S8/S8+の左サイド、音量ボタンの下に配置された「Bixbyボタン」は、Bixby(ビクスビー)と呼ばれる音声AIアシスタント…簡単に言えばSamsung版のGoogleアシスタントを起動するボタンです。ただ、このBixbyが日本語に完全に対応しているわけではないので、いまいち持て余し気味になります。カメラに写ったものを検索、というような機能もありますが。

使わない人には要らないボタンになってしまうのですが、今回紹介するアプリ『bxActions』を使えば、その機能をほかのものに割り当てられます。これでカメラを起動したり、マナーモードの切り替え、通知パネルの開閉なんかもできてしまいます。俄然できる子に変身です。

bxActionsの使い方

bxActionsの使い方は簡単です。まずアプリを開いて、一番上の「App Start the app」をタップします。そして端末設定の「ユーザー補助」に移動するので、そこの「サービス」でbxActionsをオンにします。bxActionsにも3つありますが、とりあえずは「Comfort」というものをオンにすればOKです。使う機能によっては「Performance」にしなければならないものもあります。

そして次に実際に起動するアクションを選びます。アプリのメニューから「Remap」→「Choose action」と進みます。

ここに書かれた機能が、bxActionsで設定できる機能です。かなり多いですね。

Bixby
Disabled
Enabled
Buttons
Home
Back
Apps
Camera
Custom app
Custom shortcut
Google
Google Assistant
Google Now
System
Taskmanager
Power menu
Notification center
Settins tray
Tools
Music play / pause
Jump tp last app
Do not disturb (silent)
Sound mode (Sound, vibrate, ailent)
Flashlight
Fullscreen on/off
Fullscreen for current app
Toggle app drawer (Samsung launcher)
Toggle auto rotation

Fullscreen on/offはちょっとおもしろいですね。これをオンにするとステータスバーとナビゲーションバーが消えて、Galaxy S8の広い画面を全て使うことができます。ブラウザなど、より縦長に表示できて面白いです。

注意点など

comfort modeで、このBixbyボタンをカメラのシャッターボタンにもできるのですが、試してみたところ、ボタンを使って写真を撮ったあとにほかの画面に行き、またカメラに戻るとすぐにまた写真が自動的に撮られてしまいました。

また、アプリの説明に以下の記述があります。

Samsung may block this app in future updates

この種のアプリが、サムスン側の端末アップデートで塞がれてしまうかもしれない、ということですね。発売前の時点では公式の機能としてカスタマイズできたらしいのですが、それがその後塞がれたという話もあるので、このアプリが今後使えなくなる可能性も十分にありますね。


今回は『bxActions』を紹介しましたが、Playストアには『Custom Bixby Button』『BixRemap』といった、同じようにBixbyボタンの動作をカスタマイズするアプリがいくつかあります。基本的には同じようなアプリですが、できることや安定性など違いがあるようなので、自分に合ったものを探してみてください。

bxActions - Bixby Button Remapper
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする

コメントは受け付けていません。

PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE