FREETEL Priori 4にアップデート配信 ナビゲーションバーの追加が可能になるなど

FREETELブランドのプラスワン・マーケティングは3月24日、同社の販売するSIMフリースマホ「Priori 4」にアップデートを配信開始しました。
今回のアップデートではFREETEL UI設定からナビゲーションバーの追加が可能になるほか、多数の改善が行われています。またそれに伴い注意事項もあるので、アップデートする際はまずそれをチェックしてからにしましょう。

アップデートでの改善内容

  • FREETEL UI設定からナビゲーションバーの追加が可能となりました。
  • ホームボタン長押しとダブルタッチの機能を「Google」から「Google音声検索」に変更しました。
  • 充電の際の電池残量によるLED点灯を改善しました。
  • スリープ状態で不在着信があった際に、通知のLEDが点灯しない問題を改修しました。
  • 再起動後に壁紙が初期状態に戻る問題を改修しました。
  • マナーモード設定時に、ハードウェアキーのタッチ操作のキー振動をONにしても振動しない問題を改修しました。
  • メールアプリの署名編集欄が空白で表示される問題を改修しました。
  • メールアプリの署名を空欄で設定できるように改修しました。
  • カメラの美肌モード、パノラマモード選択時、シャッター音がOFFでもシャッター音がなる問題を改修しました。
  • ハードウェアキーのメニュー内、下記2表示を変更しました。
     「振動のON/OFF」を「タッチ操作のキー振動」に変更
     「ダブルクリック」を「ダブルタッチ」に変更
  • ミュージックプレイリストのウィジェットを削除しました。
  • ユーザー補助のFreetelKeyオプションを削除しました。
  • その他細かい不具合の改修を行いました。

アップデートに関する注意事項

今回のアップデート後、『ファイル』と『ライト』、2つのアプリがアンインストールが可能になります。ただし、こちらの2つのアプリは現在Playストア上では配信されていない(同盟アプリはあるがKIWAMI 2専用)ので、一度削除すると再インストールができません。

こちらの2つのアプリについては最新のアプリが4月中に予定されているので、アンインストールする場合でもそれまで待つようにお知らせページにてお願いされています。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする

コメントは受け付けていません。

PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE