タグ・ホイヤー、Android WearスマートウォッチTagHeuer Connected Modular 45を発表

スイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤーが3月14日に新作のスマートウォッチ「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45」を発表しました。このスマートウォッチは3月15日より販売開始され、日本国内でも3月末にかけて順次入荷予定となっています。価格は17万5000円(税抜)から。

モジュールコンセプトのコネクテッドウォッチ

「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45」は本格的なスマートウォッチとして初のスイス製、モジュールコンセプトのコネクテッドウォッチです。150年以上にわたるスイスの時計製造技術と、最新のテクノロジーが融合したユニークなシリーズです。

機能としては、Intel Atom プロセッサ Z34XX シリーズ搭載、画面は解像度の高いAMOLEDの円形ディスプレイ画面を採用、50m防水にGPS、そして決済用にNFCセンサーを搭載しています。Android Wear 2.0 とタグ・ホイヤーの新しいアプリCompanionを搭載し、様々な時計の文字盤を楽しめます。

タグ・ホイヤーとして、デザインの妥協は一切ありません。チタン、セラミック、ピンクゴールドなど、高品質の素材だけを使用し、ディテールにも細心の注意が払われています。

スイスメイド

スイスの自社工房で、機械式時計を製造するのと同じように、職人による設計、製造、組立が行われます。

モジュール ウォッチ

コネクテッド ウォッチの分野ではまったく新しい独創的なコンセプトを採用しています。デジタル式コネクテッド モジュールを、高級時計の機械式モジュール(3針や COSC 認定クロノグラフ・トゥールビヨン)に取り替えることができます。

ラグ、ストラップ、バックルもモジュールコンセプトが適用され、素材と色の豊富なバリエーションにより、幅広い組み合わせが可能、気分に合わせて自由に時計を交換できます。

コア10種類に、オーダーできる46種類。計56種類のラインナップ。アクセサリーを追加すれば多彩な組み合わせが可能です。

2017年3月15日(水)に世界同時発売となっており、タグ・ホイヤー ブティックと正規取扱店にて販売されます。
日本国内では3月末にかけて順次入荷予定となっており、価格は17万5000円(税抜)から。スマートウォッチのほか、トゥールビヨン・モジュール、ストラップのラグジュアリーキットも用意されます。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする

コメントは受け付けていません。

PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE