LINEモバイルがサービス開始3ヶ月の利用動向を公開 メインのSIMとして使う人が増加中

LINEモバイルは12月21日、9月のサービススタートから11月末までの3ヶ月間の利用動向を発表しました。LINEフリープランとコミュニケーションプランの契約比率や、年齢ごとの契約者数分布を確認できます。

K276997o

30-40代の契約・利用が多い

20161221-line-1

契約者と利用者の年齢分布では、契約者・利用者ともに30代後半~40代前半が多い傾向となっています。この年代は自らが契約者となって子どもや親に与えて利用させているというのも多そうです。
単純に利用者数として見ても、10代20代よりも30代40代が多いというのは、やはりMVNO/格安SIMの利用者傾向と似ているのではないでしょうか。LINEの利用者というと10代20代はかなり多いと思われますが、その年代で伸びないのは、LINEがやっている格安SIMというのをまだまだ活かしきれていないのかな、と思えます。

コミュニケーションプランが増加

20161221-line-2

プランごとの契約比率では、月を追うごとに「コミュニケーションフリープラン」の割合が増加、11月時点では56%がコミュニケーションフリープランです。

20161221-line-3

プランごとの「音声付きSIM」と「データSIM」を見ると、かなり差が大きくなっています。LINEフリープランではデータSIMの契約が多く、コミュニケーションプランでは音声SIMが多くなっています。前項のコミュニケーションプランの増加と一緒に考えると、これはメイン端末としてLINEモバイルを利用している人が増えているということでもあります。

この3ヶ月、実際にLINEモバイルを使ってみても快適そのもので、ほかの格安SIMとは一線を画しています。それが3ヶ月以上続いているというのも凄いです。そういった評判から、今後もますます契約者を増やしていくのではないでしょうか。

3ヶ月間ずっと速度がピカイチ

orefolder.netではLINEモバイルの登場からこれまでに7回の速度測定を行っています。その結果が以下になります。(LINEモバイルのみ)

20161221-line-4
9/16 10/4 10/18 11/2 11/16 12/1 12/16
朝(8時) 15.73 15.39 25.48 19.44 24.93 16.94 25.74
昼(12時) 16.14 15.04 19.98 14.49 26.07 15.05 16.72
夜(18時) 14.47 12.31 24.34 16.47 18.83 15.09 23.55
深夜(1時) 14.6 16.71 15.36 11.77 31.87 19.87 32.8

下り(ダウンロード)速度、単位はMbps

サービス開始以降、速度が落ちるどころかさらに速くなっている気もします。今までの格安SIMはスタートダッシュでユーザーが増えるとそれに伴い速度が落ちたものですが、LINEモバイルは3ヶ月たった今、まだまだ速さを維持しています。これはすごいことです。

コミュニケーションフリープランならTwitterやInstagramもカウントフリーになりますし、この速度の快適さがあればメインで使う人が増えてくるのも納得です。かくいう私も、16年ほど契約してきたdocomoからLINEモバイルにMNPしようかと考えているところです。

この勢いは、どこまで続くのでしょうね。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする

コメントは受け付けていません。

PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE