Twitter、写真にステッカーを貼り付けて編集できる機能を数週間以内に提供開始

Twitterは6月27日、ツイートに添付する画像にステッカーを貼り付けて編集できる機能を追加すると発表しました。AndroidとiOSのTwitterアプリで利用でき、ウェブ版などではそのステッカーが付いた写真を見ることができます。

20160628-twitter-1

ステッカーは表情絵文字系から植物や季節もの、帽子やメガネなどのアクセサリーなど数百種類あり、1つの画像にステッカーを25個まで追加できます。貼り付ける位置だけでなく大きさや角度も変更できます。

また、貼り付けられたステッカーをタップするとそのステッカーが使われた画像が検索結果として表示される機能もあります。

ステッカー入りの画像をツイートすると、後からその画像を編集することはできません。また、他の人が投稿した画像をリツイートする際、そこにあるステッカーを編集することもできません。

おそらくステッカーのない状態の画像を見ることもできないと思いますが、その場合はステッカーをモザイク代わりに使うこともできますね。現在Twitterはアプリ内で写真を撮ってトリミングなどの編集もできますが、写り込んでしまった人の顔にモザイクをかけるというようなことができませんでした。それがステッカーで簡単に隠せるようになるのはいいですね。

このステッカー機能は今後数週間でAndroidとiOSのTwitterで順次利用できるようになります。楽しみです。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする

コメントは受け付けていません。

PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE