Twitterで自分のツイートをリツイートできるように! 主張したいことはもう一度RTで?

20160615-twitter-1

Twitterの仕様が少し変更され、自分のツイートをリツイートできるようになりました。通常のRTも引用リツイートも、どちらも大丈夫です。

自分のツイートをリツイート

これまでは、いわゆる公式リツイートでは自分のツイートをRTすることはできませんでした。どうしてもやりたい場合は同じ文章を投稿するか、投稿URLを書き込んで引用とするくらいでした。これが普通のほかの人のツイートをRTするのと同じように自分のツイートをRTする事ができるようになりました。

20160615-twitter-220160615-twitter-3

公式アプリでは、以前は自分のツイートの部分はRTボタンがグレーアウトされていましたが、現在は普通に押してRTすることができるようになっています。

20160615-twitter-4

RTすると、プロフィール画面上ではそのツイートが一番上に移動し、元あった位置からは消えています。RTを解除すれば元の位置に戻ります。連投ツイートの場合は、すべてRTしないと順番がおかしくなってしまうかもしれませんね。

サードパーティー製アプリでは

20160615-twitter-520160615-twitter-6

なお、この変更をほかのアプリで試してみたところ、PC版Janetterや『twicca』では対応されておらず、『twitcle plus』ではすでに対応されていました。

今後は告知系のツイートは何度もツイートするのではなく、このセルフRTが主流になるのかもしれないですね。

なお、今回の変更は少し前にTwitterから発表された「今後の変更」の1つとして発表されていたものの1つです。ほかの、140文字の数え方などについても、今後実施されていくことでしょう。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする

コメントは受け付けていません。

PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE