10コアのHelio X20 / 4GB RAM / IGZOパネル / PumpExpress 3.0搭載のVernee Apollo Lite

20160609-apollo-12

GearBestにてVerneeの「Apollo Lite」のプレセールが始まっています。このApollo Liteという端末、記事タイトルにもあるとおり10コアのHelio X20 / 4GB RAM / IGZOパネル / PumpExpress 3.0搭載というなかなか面白いスペックを持ったスマートフォンです。

スペック

20160609-apollo-2

主なスペックは上図のとおり。どの項目をとっても弱点がないといった感じです。

20160609-apollo-3

AnTuTuのスコアで91851あると言っています。本当なんですかね。これは確かめなくては。

デカ(10)コアのHelio X20搭載

20160609-apollo-4

CPUがデカコア、10コアというのがすごいですね。最近のミドルレンジで多いのがクアッド(4)コア、ハイエンドだとオクタ(8)コアが多いでしょうか。ヘキサ(6)コアを搭載したものもありますね。
私自身はスペックの上の方の違いはほとんど気にしないのですが、10コアで何か変わるのか、試してみたい気はあります。

USB TYPE-Cで音楽も変わる

20160609-apollo-5

Vernee Apollo Liteは3.5mmオーディオジャックもありますが、Type-CのUSBを使って音楽をアウトプットすることもできるそうです。

IGZOパネル搭載

20160609-apollo-6

ディスプレイにはシャープのスマホにも搭載されているIGZOパネルを搭載しています。これにより美しく省電力も実現しています。

PumpExpress 3.0対応

20160609-apollo-7

バッテリー容量は3180mAhで十分ですが多いというほどでもありません。急速充電はPumpExpress 3.0に対応しています。急速充電というとQuick Chargeが有名ですが、あちらはQualcommの規格です。MediaTekのSoCが対応する急速充電の規格がPumpExpressです。PumpExpress 3.0はその最新版ですね。ただPumpExpress対応の充電器というのはあまり見ない気がします。

Vernee Apollo Liteのデザイン

20160609-apollo-8

Vernee Apollo Liteはスペースグレイとムーンライトシルバーの2色展開です。

20160609-apollo-9

正直、デザイン的には最近よく見る感じのもので目新しさも特別なカッコよさも感じません。無難に広く売れるデザインとして他と似たものにしてしまうんでしょうか。

20160609-apollo-10

背面には指紋認証もあります。背面の指紋認証はデザイン的に大きなマイナスだと思っているのであまり好きではないのですが、まぁしかたありませんね。

プレセール中

20160609-apollo-1

現在、GearBestやTOMTOP、Geekbuyingと言ったサイトでプレセールを受付中です。価格はどこでも229.99ドルです。GearBestでは29.99ドルのデポジットを支払うことで先着200名が更に30ドル引きとなるクーポンを配布するというキャンペーンも行っています。

デザイン的にはそう魅力はないのですがスペック的に面白いので私もどうしようかと考えています。
…と思っていたのですが、

20160609-apollo-11

6月9日朝に見てみると先着200名の枠が既に残り6個に!
これを見てしまったので、慌てて申し込んでしまいました…。(なお、すでに終了しているようです。)

これがなくても229ドルです。TOMTOPで見ると27,268円となっています。3万円以下でこんな面白いスペックというのはすごいですよね。GearBestの場合プレセールは7月20日までとなっているので、そのあたりに発売されると思われます。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする

コメントは受け付けていません。

PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE