ANYYOUONがAndroid5.1搭載スマートフォンウォッチSmartGear53 by Omateを発表

20160218-smartgear-1

ANYYOUONは、Omateの最新スマートフォンウォッチOmate Riseの日本仕様モデル「SmartGear53 by Omate」を国内販売し、2月19日から予約を受け付けると発表しました。SG53はAndroid Wearを搭載したスマートウォッチではなく、Android 5.1を搭載した単体で3G通信可能なスマートフォンウォッチです。

Android5.1を搭載して単体でいろいろできるスマートフォンウォッチ

20160218-smartgear-2

SmartGear53 by OmateはOSにAndroid5.1を採用し、nanoSIMを挿して3G通信が可能です。単体で使用することはもちろん、AndroidスマホまたはiPhoneのコンパニオンとしても利用可能です。円形ディスプレイを採用し、ベルトの交換も可能。

主要なスペックは、CPUにMTK2601 デュアルコア1.2GHz、RAMが1GB、ROMが8GB、W-CDMA(Band1)、Wifiに対応し、画面サイズは1.3インチ360×360ピクセルです。防水に関しては、IPX7相当「防浸形」となっています。

Android5.1を搭載しているので、単体でGoogle Playからアプリをインストールすることも可能です。基本的には以前orefolderでも購入したSmartGear49の各種性能がアップしたものです。
3G対応でAndroid4.4なスマートウォッチフォン「ANYYOUON SmartGear49」
SmartGear49レビュー : Wearよりもパワフルで普通に使えるAndroid端末…か?

予約は2月19日から

SmartGear53 by Omateの予約はAppBar会員限定のため、まずはAppBar会員へ入会する必要があります。AppBarはAppBar会員専用の有料会員制Webサイトで、ANYYOUON SmartGearシリーズ・ScootMan等の電動乗り物及びそれらの付属品予約、購入、専用アプリ・最適アプリのダウンロード等が可能となっています。入会金は10,000円(消費税別)、月会費500円(消費税別)。

20160218-smartgear-3

SmartGear53 by Omateの予約は2月19日午前10時からです。現在はこれ以外にSmartGear51という、同じく円形ディスプレイを採用したスマートフォンウォッチの予約も開始されています。それぞれのモデルの大きな特徴として、下記のものが挙げられています。

  • SG49:角型デザイン、カメラ内蔵、ビデオ視聴用など
  • SG51:丸型デザイン、HeartRateセンサー内蔵
  • SG53 powered by Omate:ベルト交換可能なデザイン重視

また、それぞれ予約する日によって価格が変わっていきます。当然早いほうが安くなります。一番早い段階ではSG51が24,800円(税込)、SG53が28,000円(税込)ですが、一般販売価格ではSG51が46,224円(税込)、SG53が48,600円(税込)となっています。

モデル 予約期間 予約価格 ※送料別(税込)
SG51 ~2016年3月5日 24,800円
~2016年3月31日 27,800円
~2016年4月1日 28,944円
一般希望小売価格(4月下旬~) 46,224円
SG53 by Omate 2/19午前10時~2016年2月25日 28,000円
~2016年3月10日 29,500円
~2016年3月25日 31,000円
~2016年4月10日 32,500円
~2016年4月25日 34,000円
2016年4月26日~ 35,000円
一般希望小売価格(6月~) 48,600円

それぞれの特徴や予約方法など、詳しくは公式サイトをご覧ください。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする

コメントは受け付けていません。

PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE