Priori 3S LTEの発売日が2月12日に決定!史上最強のスタミナを持つスマホがいよいよ登場

20160203-priori3s-1

SIMフリーキャリアのFREETELの新端末「Priori 3S LTE」の発売日が2月12日と発表されました。Priori 3S LTEは、FREETELのエントリーモデル的な立ち位置にあり好調な売上実績を持つPrioriシリーズの最新機種で、11月に発売されたPriori 3 LTEの上位版にあたります。価格は税抜17,800円で、現在もFREETEL公式ウェブストアほか、全国の家電量販店等で予約を受け付けています。

すべてがスペックアップしたPriori 3S

20160203-priori3s-2

Priori 3からの変更点は、バッテリーが約2倍の4000mAhになったほか、ディスプレイが4.5インチ(854×480)から5.0インチ(1280×720)へ、RAMが1GBから2GBへ、SIMスロットが標準/microからnano/microへと変わっています。これだけ違うともはや別物のような気もしますが、外観のデザインなどはPriori3を踏襲したものとなっています。背面カバーのカラーはパールホワイト、マットブラック、ネイビーの3色です。この点においてはPriori 3Sの方が選択肢が多いですね。

スペックアップした分価格も上がってしまい、税別12,800円から税別17,800円となっています。ここまで上がってしまうと、むしろ対抗となるのはMIYABIになるでしょう。

5インチクラス最強のバッテリー容量

20160203-priori3s-3

Priori 3S LTEの最大の特徴はなんといっても4000mAhのバッテリー容量です。Priori 3は2100mAhで、MIYABIは2200mAhなので、それらの倍近くもあります。(ただしバッテリーの取り外しは不可)

5インチクラスのスマートフォンの中ではこの4000mAhという数字はかなりの衝撃です。ちなみにASUS ZenFone 2 Laserは2400mAh、HTC Desire 626は2000mAh、Acer Liquid Z530は2420mAhです。2-3万円の価格帯の格安スマホだとだいたい2000mAh台ですね。

実際のバッテリーのもちは、この数字がそのままではなく、端末の調整やインストールされたアプリ等によっても変わってきますが、この数字は脅威です。
実際にどれくらい充電無しで使えるのか、楽しみです。

ディスプレイもより大きく、きれいに

Priori 3は4.5インチで解像度は854×480でしたが、これが5インチ1280×720となっています。Priori 3は実際に1ヶ月間ほどお借りして使っていましたが、ディスプレイのタッチ感度やスクロールにははっきり言って不満がありました。それがどう改善されているのかは、期待したいところです。

20160203-priori3s-4

orefolderではすでにPriori 3S LTEを予約済みです。実際の動作等、しっかりとレビューする予定なのでご期待ください。その前にPriori3、Priori3S、MIYABIでスペックを比較確認しておきましょう。

Priori3 Priori3S MIYABI
OS Android5.1 Android5.1 Android5.1
CPU Quad Core 1.0GHz 64bit Quad core 1.0GHz Quad core 1.3GHz
RAM 1GB 2GB 2GB
ストレージ 8GB 16GB 32GB
外部メモリ microSDXC (最大128GBまで)
ディスプレイ 4.5inch/854×480 5.0inch/1280×720 5.0inch/1280×720
カメラ 背面:800万画素
前面:200万画素
背面:800万画素
前面:200万画素
背面:1300万画素
前面:500万画素
バッテリー 2100mAh 4000mAh 2200mAh
サイズ 132×65×8.9mm 144×72×9.4mm 142×72×8.2mm
重量 約120g 161g 約150g
価格(税抜) 12,800円 17,800円 19,800円

Priori 3よりも上だというのは前提だとして、どこまでMIYABIに迫っているのか、買うならどちらなのか、その辺りをポイントにレビューしたいと思います。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする

コメントは受け付けていません。

PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE