アナログ時計職人

アナログ時計職人は自分の画像を組み合わせてオリジナルのアナログ時計を作ることのできるウィジェットです。

ウィジェットのサイズは1×1、2×2、3×3、4×4の4種類です。

ウィジェットをタップするか、ドロワーからアプリを起動すると設定画面に入ります。設定は2つ。「ウィジェットをクリック」で設置されたウィジェットをタップした時の動作を選ぶことができます。「設定画面を開く」「”日付と時刻”を開く」「他のアプリを開く」の3つから選ぶことができます。

「パーツ画像の設定」で使用したい画像を選びます。画像として設定できるのは時計の「文字盤」「長針」「短針」「風防」の4種類です。この順番で画像が上に重ねられていきます。ただし、長針と短針は設定で逆の順序に変えることができます。

ウィジェットに使用したい画像は/sdcard/com.gmail.kanitawa.analogwatchmaker/に入れる必要があります。

また、画像選択画面の一番下に書かれている「1ブロックの画像サイズ」は1×1サイズの時の1辺の実ピクセル数を表しています。用意した画像がこれと異なるピクセル数のものでもアプリ内で拡大縮小して表示してくれますが、その分画像が劣化してしまいます。できるなら等倍サイズの画像を用意したほうがいいと思います。

ドロクリというサイトでも自分の画像からアナログ時計を作ってapkファイルとしてダウンロードすることができますが、アナログ時計職人では「タップした時の動作が選べる」「風防ファイルを設定できる」「長針と短針の重なりを逆にできる」「サイズが豊富」などの優位性があります。

なお、今回のスクリーンショット画像でも使った画像はhomedroidさんが記事内で配布していたものを使わせていただいたものでゲソ。ありがとうございますでゲソ

アナログ時計職人
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE